「妊活・妊娠出産の基礎知識」の記事一覧(2 / 2ページ目)

妊活・出産とエイズ

妊活・妊娠出産の基礎知識

HIVウイルスによって感染するのが、エイズ(後天性免疫不全症候群)です。 HIVウイルスに感染した場合、倦怠感や発熱、関節痛などの症状が現れますが、 これは数週間で治まり潜伏期間に入ります。 エイズ発病までの期間は、半年・・・

妊活・出産と梅毒

妊活・妊娠出産の基礎知識

スピロヘータ・パリダという病原体が引き起こす、梅毒は恐ろしい性病のひとつです。 妊活、妊娠・出産にとても影響の大きな病気のため、 妊娠すると必ず検査を受けることになります。 梅毒に感染していると、胎盤を通じ胎児に感染し、・・・

妊娠・出産とB型肝炎

妊活・妊娠出産の基礎知識

妊娠・出産に際して影響が気になる病気として、 B型肝炎があります。 これは、ウイルスによって感染し、 母子感染率が高いというリスクもあります。 B型肝炎の場合、妊娠自体への影響はなく、 妊娠中の感染もまずないとされていま・・・

妊活と、妊娠と、風疹と

妊活・妊娠出産の基礎知識

風疹とは、ウイルスによる感染症です。 一般に三日ばしかとも呼ばれています。 妊娠20週ごろまでに風疹に感染すると、 ウイルスが胎盤を通って、聴覚障害、先天性白内障、 心臓奇形などの原因になる場合があります ワクチン接種や・・・

ページの先頭へ