体外受精の治療を受けるにも、人それぞれ様々な方法で受けているという事がよくわかるお話です。

 

遠距離でも不妊治療を

一番の近道,結婚して5年以上経つのになかなか子供ができませんでした。基礎体温と排卵検査薬を使って自己流で妊活していましたが、だんだんとタイミングすら持てないことが増えてきました。そうこうしているうちに海外赴任に。

外国での通院は信頼性に疑問があるのと費用の関係で断念しました。一年あまり駐在した時点で妻の私だけ帰国することに。

国内でも有数の体外受精で実績のある病院に行き検査しましたが、これといった原因はありませんでした。しかし年齢のこともあり一気に体外受精まで進むこととなりました。治療は服薬と注射、サプリメントとしてはぐくみ葉酸を服用しました。

一時的に主人に帰国してもらい、一回目の採卵、移植で無事に男の子を授かりました。もっと早くに受診していれば余計な悩みや不安は無かったのではと思います。

例え年齢が若くても、体外受精をしてみなければ分からない原因もあるので、子供を望む人であれば一刻も早く専門医に掛かることをお勧めします。

 

遠距離でも体外受精の治療が可能なのですね。ただご主人の帰国タイミングというのがあるので、回数を望む事は難しいかもしれませんが授かったようで良かったです。そして、やはり早めの受診を勧められていますね。しかも専門医が良いとされています。

 

初めての体外受精

体外受精に至った理由としては、夫婦関係がマンネリ化してしまいセックスレスになり性生活が困難でしたので医学的な治療をすることにしました。体外受精と併用して授かりやすい体質を目指しはぐマカという妊活サプリも試しました。崩しがちだった体調が少し改善されました。

結果的には体外受精の治療にも費用がかかり、継続を断念した頃に夫婦で自然の流れで授かることが出来ましたので努力した甲斐はあったのかなと思います。

 

結果的に自然妊娠ということでよい答えが得られたようです。ただ、この経験があったから自然の流れができたのかもしれません。妊活サプリで体調を整えていたということも、ひとつかもしれません。

 

体外受精前にしたこと…

体外受精前に 血の内容(?)を よりよいものにしておいてよかったのかも…初期流産を2回経験し、その後は妊娠に至らぬまま約2年。3か所病院を変え、不妊症と不育症の検査をして、3か所目の病院で人工授精から始めたものの、いい結果が出なかったので、体外受精に切り替えました。

人工授精の頃から葉酸がメインのサプリメントを飲み続けました。鉄剤は途中まではサプリメントを飲んでいましたが、途中で潜在性鉄欠乏貧血が分かったので処方箋で出る鉄剤に変えて飲みました。

鉄剤を飲んで3、4か月経った後での血液検査で基準値をクリアしたので(フェリチン)、1回目の体外受精を行ったところグレード1の新鮮胚を戻して陽性反応が出ました。ホルモン補充を行ったこともあり、つわりはとてもきつかったのですが、無事出産することができました。

ホルモン値でもいくつか引っかかるものがあったのですが、とにかく血の内容をよりよいものにしておくことが大事なんじゃないかなと思って、体外受精を行う半年ほど前から血液の改善のためにいろいろと飲んでいたことがいい結果につながった一つの理由なのではないかなと思っています。

 

血の内容にこだわった方のようです。ただ、鉄分は妊活時には必要な栄養素であることは間違いなく、ぜひ摂取して欲しい栄養素です。必要なのは葉酸だけじゃないんですね。