体外受精に期待をもって臨んで無事授かったとしても、それまでの道のりはきつかった…という口コミも数多くあります。

 

体外受精は色々な意味で痛かった…

33歳で結婚しましたがなかなか授からなかったので、独身の頃から通っていた婦人科でタイミング指導→人工授精とステップアップしました。

それでも授からなかったので、体外受精に挑戦するか、でも隣の市まで行かないと治療できる病院も無いし、お金もかなりかかると聞いていたので、とりあえず人工授精を続けながらウダウダと悩んでいました。

その後内臓系の病気が見つかり手術も受け、1年ほど不妊治療できなくなって後悔したのと、また主人の転勤で不妊治療で評判の良い病院の近くに引っ越したのを機に、体外受精にステップアップしました。

その病院では排卵を調整する薬と一緒に漢方薬とビタミンEの薬も処方されていました。その他には自分でベルタ葉酸サプリを購入して飲んでいました。また、太っていたので治療を休んでいる間にファスティングで体重を落としたり、岩盤浴に通って体を温めたりもしました。

なかなか良い卵が育たないので、排卵誘発の方法を変えながら治療を続け、もう貯金も底をついて、これでダメなら諦めるしかないという最後の卵が着床してくれて、39歳で無事に元気な子供を産むことができました。

治療も採卵時など痛みがあるし、金銭的にも痛かったけど、体外受精に踏み切って良かったと思います。

 

本当に授かってよかったと思います。生まれて育てば、多分苦労も忘れるんじゃないかと思いますが、人間的にはとても成長されたのではないでしょうか。

 

鍼灸や食べ物で体づくりに励みました

結婚してから3年子どもに恵まれず、近くの不妊治療専門クリニックへ行くことにしました。タイミングを半年経てから人工授精を開始、3回目で妊娠しましたが、途中で残念なことになってしまい、そこからは体外受精に向けて準備をしつつ、人工授精。結局授からなかったので、採卵して体外受精に踏み切りました。

結果的には幸い初めての体外受精で授かることができ、かわいい女の子が産まれました。

体外受精を頑張っていた頃は、豆乳をのみ、葉酸を摂取し、とろろ昆布や赤い食べ物で血の巡りを良くするようにしていました。夫もマカを飲んでもらっていました。

クリニック以外でやって良かったのは、鍼灸です。妊娠してからも、流産どめやつわり対策、逆子対策で施術をしてもらい、とても助かりました。

体外受精中は精神的にも辛いし、人の妊娠を喜べなかったり、そんな自分に自己嫌悪したりすることもあるかと思います。でも、みんな同じです。自分を責めずに、なるべくストレスを溜めずにするのが良いかと思います。

 

この方は1回の治療で授かっていますね。先の方とは対照的です。ただそこまでの道のりはやはり簡単ではなかったようです。ただ治療回数が少ない分、金銭的な苦労は少なかったのかな?と思います。でもこればっかりは努力すれば…というものではないでしょう。ただ、治療回数を抑える可能性はゼロではありません。

おすすめ記事<<

体外受精の治療回数を抑えたい!