今ならおめでたキャンペーン実施中!ベイビーサポートを1本1,000円で買い取り中!

>>くわしくはベイビーサポート公式<<

 

ベイビーサポートは、男女産み分け確率をあげるためのゼリーです。現在35万本の出荷がされている人気のゼリーなのです。

でも産み分けってできるの?確率はどのくらいなの?色々と疑問は出てきます。ここでは、その疑問をひとつひとつ解き明かしてみます。

 

 

産み分け確率や、生み分けの口コミについて…

皆さんご存知のように、自然妊娠の場合の男女比率は、弱冠男子の方が多いですがほぼ半々50%ですね。

 

ベイビーサポートなど産み分けゼリーを使用した場合についての産み分けの確率は80%以上とされています。なかでも男の子を臨んだ場合はまだ少し確率が高いそうです。

 

産み分けで女の子希望する人が多いのですが、この場合確率が80%より少し下がるようです。これは自然妊娠でも女の子が生まれる率が、少し低い事が影響しているようです。

 

もちろんこの世の中に100%はありません。そのため、産み分けと聞いてすこし抵抗を感じる人も多いと思います。産み分けについて考えた場合、人は命の選別しているという意識が残ってしまうことがあります。これはデメリットなのかもしれません。

 

例えば口コミなどで、男女の生み分けについてオープンに話しにくい…といった話が上がったりします。これは暗に「生み分けは自然の摂理に反している」という意識が多くの人にあるからなのでしょう。そのため口コミの中でも生み分けに対して、戒めるような反応もあるようです。

 

ただ口コミでオープンに話ができる云々は置いておいたとして、日本の男系社会ではやはり男子優位という考え方があります。この考え方が「生み分けたい」と言う気持ちに作用していることは間違いない事実でしょう。

 

産み分けでデメリットというと、男女を選別するという事で妊娠の確率が落ちてしまう事があります。ですので不妊治療を考えている方や、ある程度高齢に当たる方は産み分けについてはお勧めできないと思います。

 

ただ、産み分けに何かしらネガティブなものを感じたり、マイナスなイメージを持ったとしても、やはり産まれてしまえばそんな事は忘れてしまうものです。希望を持つのは悪い事ではありません。敢えて言いますが、決して悪い事しているわけではありません。自信を持って産み分けゼリーを使ってください。

 

 

産み分けゼリーについての口コミとは?

ベイビーサポートについての口コミ…というと事実それほどありません。産み分けというキーワードで検索すると知恵袋などのサイトが上がってきますが、ここで話題に上るものはグリーンゼリー,ピンクゼリー、ベイビーサポートなど産み分けゼリー全般の口コミと考えた方が良さそうです。

 

その知恵袋をのぞいてみるとそこで多い口コミは、産み分けの確率や、その効果についてがやはり多いようです。その口コミをいくつか拾ってみると…

 

 

●ゼリーを使用して希望の男の子を授かりました。した事と言えば、基礎体温をつけて排卵日の予測をし、ゼリーを使用したことです。

 

 

●うちは男の子2人なので、3人目は女の子がいいね~と旦那さんと話していた矢先に見つけたのがベイビーサポートでした。クリニックでの産み分けも検討したのですが、やはり高額だという所がネックになって、ともかくこれが最後になるし時間もないので、こんな便利なものならと購入しました。

 

 

●産院でゼリーを処方してもらい産み分けできました。私が通っていた産院でも産み分け確率は80%と言っていました。ゼリーは産院によって値段が全然違うので、通う前に電話でいくらか確認した方が良いかもしれませんね。

 

 

口コミでは切実な質問が多いのですが、答える経験者は結構サバサバした印象です。口コミでは産み分けの確率ははっきり分かりません。ですが、産み分けの効果は見込めるのではないかな?と思えます。ですが、産まれてしまえば皆かわいくて、それ以上に忙しくて、産み分けゼリーの確率とか効果どころじゃないといった感覚でしょうか。

 

実際はどうなの?ベイビーサポートの口コミ

ベイビーサポートはどうなのか?産み分けってどうなのか?独自にアンケートを取ってみました。口コミ同様様々な意見が集まりましたので、産み分けを賛成はもちろん懐疑的な口コミもあつめてみました。

 

●第一子が男の子だったので、次は絶対に女の子が欲しいと思い産み分けに挑戦しました。産み分けに対応してくれる産婦人科へ行きピンクゼリーを処方されましたが、使い勝手が悪いので、自分でベイビーサポートを使用しました。ゼリーを挿入するには少し戸惑いましたが、慣れれば大丈夫です。結果、女の子を授かることができました。

 

1人目の子を早産で緊急帝王切開で出産したこと、夫が高齢であることから子どもは2人が限界だろうと思い、出来れば違う性別の子供を育てたかったため。クリニックでピンクゼリー 処方されました。ゼリーの使用感は、注入時に手間取ることがあったり漏れてくる不快感などはありました。

結局ピンクゼリーを使用してもなかなか妊娠に至らず、ゼリーが高額なため何度も使うことも出来ず途中で断念しました。なので効果や確率は実感としては不明です。

 

●産み分けはあくまで、そうなったらいいな、という程度の気持ちで臨むのがいいのかなというのが、個人的な意見です。我が家は結局、産み分けをやめてから二人目を授かりましたが、上の子と同じ男の子でした。私と夫の相性ではこの性別しか授からないようになっていたのかな?と思います。ただ、そういう意味では、産み分けゼリーの効果はすごいのかもしれません。

 

女の子が欲しかったので、ベイビーサポートを購入して試してみました。お兄ちゃん2人だったので次はどうしても女の子が欲しくて、できることは何でもしてみようと思ったからです。念願通り、女の子を授かり、今まで、着せることができなかったドレスやスカートをはかせたり、女の子ママを満喫しています。()産み分けゼリーの使い方は難しくないのでぜひ試してみる価値はあると思いますよ。

 

さてどうでしょうか?確率にこだわると、一歩も踏み出せないんじゃないかな?と思います。産み分けたいと思うのなら、トライしてみる価値はあると思うのですが…

今ならおめでたキャンペーン実施中!ベイビーサポートを1本1,000円で買い取り中!

>>ベイビーサポート公式サイト<<

 

 

ベイビーサポートは日本品質

ベイビーサポートの口コミの中には「あやしい」とか「危険」などと書かれたものがありますが、あれらは基本的に釣り記事でしょう。

 

読んで頂くと分かると思いますが、「あやしい」とか「危険」という言葉で引っ張っておいて、実はそんな事ないよ…というオチがほとんどです。

 

で、実際に危険かあやしいかは、公式ホームページを見て頂くと分かると思います。ともかく、安全性はできる最大の事を実施しています。

 

できる事、それは全てを国産化する事。製品の企画から製造、販売まですべて日本国内で行っています。もちろん原材料も日本産です。国産のこだわりの果てはパッケージや印刷までに及んでいます。いずれも日本国内です。

 

また製造工程でも安全に対してのこだわりは高くて、工場の製造ラインは、手術室と同等のクリーンルームを維持しているそうです。安全と安心のためにできる限りの事を実行しているのがベイビーサポートです。

 

 

ベイビーサポートの使い方とタイミング

ベイビーサポートだけでなく産み分けゼリーの口コミを見ていると、産み分けが希望がどおりに

ならなかった…という人には共通点があるように思えます。

 

それは、基礎体温の管理と正確な排卵日の予測です。当然、きっちりやってたけど上手くいかなかった人もおられます。ただそこはどこまで行っても100%はないのが産み分けの確率です。

 

ならば、できるだけ100%の確率に近づける事をしっかり行わなければ…ともかく、正しくベイビーサポートを使うことが大切です。

 

ベイビーサポートの使い方といっても、とても簡単で、誰にでも扱えます。それよりも大事な事は使い方よりも、使うタイミングなのです。

 

そのタイミングとは使う日のことで、排卵日を中心に、その前後がタイミングなのです。またそれは希望するのが男の場合であれば、排卵日当日にベイビーサポートボーイを使用すること。

 

また、女の子が希望なら、排卵日の2日前にベイビーサポートガールを使用してください。

 

このようにタイミングが産み分けの成功率を左右します。ベイビーサポートの使い方について最大のポイントは、正確な排卵日の予想と、使用するタイミングなのです。

 

 

ハローベビーとピンクゼリー何が違うの?

ベイビーサポートとピンクゼリーやグリーンゼリー、またはハローベビー。これは産み分けゼリーなのですがその違いは何にあるのでしょうか?

 

まず以前からあるピンクゼリーですがクリニックで処方されることが多いのですがちょっと使い勝手が悪いようです。

 

例えば使用する前に、暖めなければならないとか、注入する器具は再利用するとか…その使い勝手の悪さは口コミでもよく話題に上っているようです。

 

グリーンゼリーは男の子を望む方が使用するゼリーです。使い方はピンクゼリーと同じです。こちらも使用前に温める必要があります。使用期限は2年と長いのですが、注入器具なども使い回しになります。その点がどうしても気になる方がベイビーサポートを支持しているのだと思われます。

 

そしてピンクゼリーに対して、発売されたのがハローベビーです。ハローバビーは、使い勝手の悪さを克服したタイプで、これまではハローベビーに人気が集まっていました。

 

そこに、ベイビーサポートが発売されました。当然ハローベビーよりも使い勝手が向上しています。まず、ハローベビーより内容量が多い事。1本の内容量が膣内に行き渡るになりました。また、より膣内に残りやすいように粘度アップも図られているようです。後発のベイビーサポートは、やはり先に出た製品よりも優れているようです。

 

ベイビーサポート

ハローベビーゼリー

製造国

国産

国産

1本あたりの容量

4.5ml

1.6ml

1セット(7本)

13,800
1
本約1,970

12,800
1
本約1,830

2セット(14本)

22,080
1
本約1,580

23,040
1
本約1,650

3セット(21本)

28,980
1
1,380

32,640
1
本約1,560

返金制度

あり

なし

 

返金制度もついていて、やはりおすすめはベイビーサポートになりますね。後述しますが、返金制度も公式ホームページからの購入でないと適用されないようですので、注意が必要です。

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

ベイビーサポート購入ならキャンペーン利用を!

産み分けしたいと希望したとき、まず考えるのはクリニックでしょうか?確かにクリニックなら産み分け確率も高くなりそうだしと思うでしょう。

 

ただそのコストは高額なようです。例えば初診の場合、初診料を含んだ費用で、だいたい3万円ほど必要なようです。それだけでなく妊娠するまで、平均毎月2万円が必要だとされています。

 

しかもクリニックでも、産み分け確率は80%と産み分けゼリーの確率と変わりません。

 

ならば、ベイビーサポートで産み分けを考えるのもひとつかと思います。産み分け確率だって、病院と同等ですし、なによりコストが違います。

 

では実際にベイビーサポートを購入するとしたら、おすすめは公式サイトでの購入です。

 

でも実はアマゾンでも購入できます。アマゾンならいつも使ってるから買いやすい…と思われた方ちょっと待ってください。

アマゾンから購入すると、公式サイトでついてくる特典が使えなくなります。

 

その特典とは、買い取り返金キャンペーンなのです。ベイビーサポートは1箱でも購入できますが、3箱まとめて購入すると割引があります。ただ心配なのは3箱も購入したのに、一箱使ったところで、授かった!という場合です。残り2箱は無駄ですよね。

 

公式サイトの特典というのは、購入した方がおめでたでベイビーサポートが残った場合1本あたり1,000円で買い取りますという返金キャンペーンなんです。実査に計算すると最後まで使い切らないうちに授かれば、アマゾンでの購入より安くなるのです。これはもう公式サイトでの購入しかないですよね。

 

それから大事なことですが、ベイビーサポートは決してオークションとかフリマアプリ等で購入しないでください。

 

直接体に使用するものですから、使用期限や保管状態などが不明な場合はとても危険といえるからなのです。フリマは特に出品者が一般の方がほとんどです。使用期限がまだあったとしても、その保管方法は信用がおけるでしょうか?

 

せっかく余ったら買い取ってキャンペーンがありますし、体の事やそして一番大切な赤ちゃんの事を考えてぜひ適切な購入をおススメします。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<