不妊治療を考えた場合、忘れてはならない

大事な事として、費用の問題があります。

体外受精の治療のためには相当なコストも

必要になってきます。

 

たとえば、不妊治療に必要なコストとして

平均概算の費用がこのようになっています。

 

治療方法 1回あたりの費用

人工授精 約23万円

体外受精 約1030万円

顕微授精 約3050万円

 

不妊利用にはお金がかかると一般的に

よく聞きますが、リアルな金額として

みると相当な費用が必要になります。

 

といっても少子化問題がの表面化している

現代ですので、公的機関にも動きはあります。

手厚いとは言えないまでも、

不妊治療に助成金を出すという方向で

進んでいるようです。

 

これは、厚生労働省により国が主導するもので、

正式には制度名を特定不妊治療助成制度と

呼ばれる助成金制度です。

 

しかし、不妊治療すべてが対象ではなく、

高額な治用である体外受精と顕微受精に対して、

助成金が支払われます。

 

助成金の基本としてはこの、

特定不妊治療助成制度がありますが、

各都道府県および市区町村によって

追加の助成金制度もあるのです。

 

助成金は公的な制度なのですが、

意外に便利な面もあります。

それは、国と都道府県・市区町村で

それぞれの不妊治療助成金制度ですが、

申請場所は各自治体にある

保健センターが窓口になるのです。

 

また助成金も、国も都道府県単位も

合算して助成されるのです。

ただし助成金には限度が設けてあり、

40歳未満では通算6回(40歳~43歳未満

では通算3回まで)とされています。

 

都道府県単位の助成金では、

国と同額の場合や、国による助成金基本にして

独自の助成金を準備している所もあります。

もちろん都道府県レベルから、細分化している

市区町村レベルでの助成金も用意されている所も

あるので、ネットで検索し情報を収集をすると、

体外受精とかとてもムリ…と思っていた人でも

トライしてみる気持ちになれると思います。

 

もっとも体外受精の治療に助成金が

出ると言っても全ての費用が

対象になるわけではありません。

なので治療回数は少ない方が

良いに決まっていますよね。

そんなとき、体外受精の成功率

を上げる事ができたら…

 

続きはこちら…

体外受精の治療回数を抑える方法