卵子は受精すると受精卵となり、子宮内膜に着床します。
その受精卵は子宮内膜に根をおろし、
胎盤が出来上がっていきます。

ここまで来ると、絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピンという
ホルモンが分泌されるようになります。
黄体を衰えさせず機能を保ち続ける作用をもつのが、
絨毛性ゴナドトロピンです。
妊娠判断の尿検査は、
尿中の絨毛性ゴナドトロピンの有無を調べます。
その方法は、尿と試薬を混ぜ合わせて反応をみるだけで、
絨毛性ゴナドトロピンの有無がわかるので、いたって簡単です。
妊娠5週ころから通常は反応が出ますが、
分泌が少ない場合、1~2週間あいだを置いて再検査を行います。
市販もされている尿検査による妊娠判断は、
簡単で危険性もありません。

しかし、絨毛性ゴナドトロピンが分泌されているかどうかが
わかるだけですので、胎児の状態まで判断できません。
あくまでも補完的な検査であると考えてください。