内診は、問診がひととおり終わると受けることになります。
内診台に上がって内診を受けるのですが、
誰でも、これには抵抗があるのです。

特に、はじめての産婦人科の診察の場合にはなおさらでしょう。
しかし内診は、妊娠の有無だけではなく、
正常な妊娠かどうかの判断するためにも必要なのです。
緊張を解きほぐして、楽な気持ちで内診を受けてください。
内診では、膣の中に入れた指と、
おなかの上に置いたもう一方の手で子宮や卵巣の硬さ、
位置、大きさを診断します。

妊娠していないときの子宮の大きさは、ニワトリの卵くらいですが、
妊娠していれば、子宮は大きくなっているはずです。
内診で子宮が大きくなっていれば、妊娠が確定し、
子宮の大きさから、妊娠何週くらいか知ることもできます。

しかし内診のときに、緊張しておなかに力が入っていると、
医師の判断がつきにくくなります。
医師の指示に従い、楽な気持ちでおなかの力を抜きましょう。