問診票をもとに医師がさらに詳しく問診を行います。
その後に内診や尿検査があります。
最終月経はいつ?その時の様子は?月経周期は?
つわりの症状は?出産経験は?
流産や人工妊娠中絶の経験は?妊娠中や出産に異常は?
これまでにかかった病気は?
持病や治療中の病気は?
薬のアレルギーは?
近親者の健康状態や遺伝性の病気は?
答えにくいことや恥ずかしいことを
聞かれるかもしれません。
しかし、隠さず正直に答えましょう。
不正確な情報は、診断を間違う可能性もあるのです。

妊娠・出産にまつわるあらゆる事態を想定して、
医師は対応を考えます。
問診で正しい情報が得られない場合、
医師が誤診をすることもありえます。
当然、医師は守秘義務があるため心配は要りません。
基礎体温をつけている場合、必ず医師に見せましょう。
診断材料としては、非常に重要になります。
どんな些細なことでも気になっていることがあったら、
医師に相談しましょう。
小さなことが大きな手がかりになる場合があります。