はじめて産婦人科へ行った場合、問診票を記入するでしょう。
この問診表は、妊娠の診断の参考になるので、
可能な限り正確に記入します。

分からないことでもいい加減な記入をせず、
分からないことは、正直に「分からない」と書くことです。
病院によって問診票の記入事項は異なるでしょうが、
一般的に既往症、過去の妊娠・分娩、月経のこと、
家族の病気などを記入します。

過去に入院や手術の経験がある方は、
その日付や病名を病院へ行く前に確認しておくとよいでしょう。
特に最終月経については、詳しく記入することになるでしょう。
妊娠の日数の数え方は、最終月経の始まった日からになるので、
最終月経はいつで、何日続いたのかという情報はとても大切です。

もし、最終月経と思っていたものが月経様出血であった場合には、
もうひとつ前の月経を思い出す必要があります。