体外受精を受ける方にぜひとも

知って頂きたいのがウムリンです。

なぜ体外受精の治療の人にすすめるのか?

それはウムリンの効果が大きく

関係しているのです。

 

ウムリンの効果は、卵子を元気にする事です。

具体的な効果と言うのは、卵子そのものに

影響する訳ではないのです。

 

実は卵子を取り巻く顆粒膜細胞という

細胞があって、その細胞を活性化する

効果が認められているのです。

この顆粒膜細胞と言うのは、

卵子の成長にとても大きな効果を

もたらすのです。

 

元々卵子の回りを取り巻いている

顆粒膜細胞は卵子に対して

栄養を供給したり、卵子を守ったりする

役割があります。

 

体外受精で採卵する時は、

卵胞の成熟度合を確認するために

血液検査でE2の値を測ります。

E2はエストロゲンの一種で、

卵胞ホルモンとも呼ばれていて、

子宮内膜を肥厚させる作用があります。

そのE2つまりエストロゲンは顆粒細胞膜が

放出しているのです。

 

顆粒膜細胞の数とエストロゲンの数値は

リンクしているのです。

 

例えば卵胞の大きさは十分なのに

2の数値が低い場合、顆粒膜細胞の数が少ない、

もしくは充分に機能していない

などの原因が考えられます。

 

ウムリンはこの顆粒膜細胞を

元気にする効果があるのです。

 

ウムリン

 

体外受精について調べたり、

実際治療されている方なら

ここまでの説明で、

なぜウムリンがおススメか?

理解いただけたと思います。

 

つまり、ウムリンは採卵時の卵子の質を

高めることができるのです。

またこの効果は医学的エビデンスがあり

臨床実験もされているので

しっかりした裏付けがある効果なのです。

 

ウムリン

 

さて、ウムリンの効果だけでも

体外受精を受ける方におススメなのですが

もっと具体的なお話すると、

よりおススメする理由が明確になると思います。

 

体外受精を受ける方には

1回で希望を叶える方いれば、

複数回受けても叶わない方もいます。

 

これは妊活すべてでも言えることですが、

体外受精は先が見えないということです。

 

つまり、希望通り赤ちゃんを授かれるのは

いつか?だれも分からないということです。

これが一番辛い部分です。

 

最初は気楽に考えていても

回数を重ねると何か追いつめられるような

気になります。

ゴールが見えないというのは

精神的にとても辛いものです。

また治療費も相当かかります。

 

お金、そして精神的な辛さ…

体外受精は長く続けるものではありません。

終わりは早ければ早いほど良いのです。

 

そんな時、もし授かりにくい原因が

卵子の質であるならば

ぜひウムリンを試してみてください。

 

2014年の発売以来、ウムリンで授かった

という報告が、数多く寄せられています。

特に体外受精の際にウムリンで卵子の質を

あげたと言う方はかなりの数に上ります。

 

もし今、体外受精を受けようとされているなら…

もし今、体外受精治療中であるなら…

ぜひウムリンを試してみてください。

 

もちろん全ての方に効果があるとは

いえません。

効果がいつ出るとも約束できません。

ただ、

ウムリンには医学的エビデンスがあります。

希望を叶えた経験者が数多くいます。

赤ちゃんを授かるための効果は

どの妊活サプリよりもある…

という自信は十分あります。

ウムリン