排卵が遅れているということが、月経の遅れに関係しています。
基礎体温のグラフがあれば、排卵の遅れが見えるのです。

見える、というのはどういうことでしょうか?
基礎体温のグラフは、半年とか、一年とか、ある程度の期間続けているうちに、
自分のパターンが見えてくるのです。
決して、短期間に少しぐらい描いてみても型どおりのキレイなグラフになることはありません。
できるだけ長期間つけてみることです。
(そのためにも妊活を思いたった時に始めるべきです)

排卵日に体温が下がって、その後高温相になるとはいわれますが、
すぐにはっきり分かるものではないのです。高温相に移ってしばらくしてから、
排卵日はこの頃だったんだと、あとから気がつくような感じです。

そんな状態でも、排卵日を推定する最も有力な方法のひとつが基礎体温なのです。
妊活を始めようと思う方は、ぜひ基礎体温を計ることをおすすめします。