早く確実に妊娠を知る方法として、基礎体温を計ることがあります。
これは妊活を始めた時からつけておきたいところです。
基礎体温は、黄体ホルモンの分泌の有無で、高温相と低温相に分かれます。
排卵すると、高温相になる場合は、黄体ができて黄体ホルモンが分泌される場合です。

妊娠しなければ、2週間ほどで黄体が衰え、黄体ホルモンの分泌がなくなります。
その後月経が始まり、次の排卵まで低温相となります。
妊娠した場合、黄体は衰えずそのまま残り、黄体ホルモンが分泌され続けるため、
高温相が続くことになります。

この仕組みのため、高温相が3週間も続けば、妊娠したということがわかります。
妊活時に基礎体温を毎朝計ってグラフにするのは結構面倒です。
しかし、安全で簡単に自分でできる方法なので、ぜひやってみてください。
たとえば、月経の1週間程度の遅れだけでは、妊娠の有無は判断できません。
けれど基礎体温をつけていれば、正確にわかります。