高年初産と呼ばれるのは、30歳を過ぎて初めて出産を経験する場合です。
過去に妊娠していても、中絶・流産の場合は、出産とは考えません。
20歳代で人間の肉体的な機能は成熟し、その後徐々に低下していきます。
女性の妊娠・出産の機能も同じです。
十分な女性の身体的妊娠・出産の機能年齢を、何歳と見るかは個人差もありますが、
年齢が高くなればなるほど、妊娠・出産に不利な点があることは明白です。
流産や早産の確率が高くなったり、胎児の先天異常の可能性も高まります。
しかし現代は、30歳代であっても十分な機能を持っている女性が多く、
元気な赤ちゃんをどんどん出産しています。
高年初産は医学上の定義なので、30歳からを高年初産という定義は
現代では若干違和感がありますね。

そうなんです!医学上の定義なんです。年齢は確かに関係しますが、産みたい気持ちが
妊娠を呼ぶ事だって十分あるのです。

そして、現在の医療は高度化しているので、
医師とともに注意深く妊娠を見守っていけば心配ないでしょう。