出産する季節を選ぶことは、妊娠の時期を選べば不可能ではないのです。
とはいっても、妊活中の方からすれば季節なんで選べる訳ないでしょ!と言われそうですが…
でも、やはりおススメの季節というのはありまして…

出産を控えた大きなお腹で、真夏の暑い時期や冬の寒い時期を過ごすのは、
妊娠中のことを考えれば少々ツライかもしれません。

けれど、出産後の赤ちゃんの育てやすさを考え合わせたら、春の出産がおすすめです。
お母さんも赤ちゃんもある程度生活になれたところで、暑い夏がきます。
春に生まれる子供の場合、3月と4月の境目になると数日の違いで、学年がひとつ変わります。
早生まれとして早く幼稚園や学校に上がるのか?
4月生まれとなって、下の学年に狙いを定めるのか?これはどちらがいいか迷うでしょう。
しかもこの季節は色々と変化のある季節です、仕事を持つ女性であれば、
自分の担当する仕事の忙しさや、人事異動などを考える必要があるでしょう。
色々と考えてしまいますが、予定通りに妊娠できることも、
生まれ月をコントロールできるわけでもありません。いつ妊娠して、
いつ出産するのがいいのか?それほど神経質になこともないでしょう。

なにより、赤ちゃんは天からの授かりものなのです。