胎教とは、「胎児教育」と言う意味です。
すばらしい絵画を鑑賞したり、美しい音楽を聴いたりすると、
おなかの赤ちゃんに良い影響を与えると言われています。

もっとも胎教の影響で、生まれた赤ちゃんが、将来立派な画家になるとか、
音楽家になるということはあまり期待しないでください。
どちらかといえば、母親がゆったりした環境でリラックスすると、
ホルモンの分泌が円滑になり、血液の循環も改善されて、
回りまわって胎児にも良い影響が及ぶのです。

同じ意味としては、夫婦円満にすることも大切で、
母親が楽しく幸せな気分でいられることが一番の胎教といえるでしょう。
また、赤ちゃんはお母さんの話す声を聞いているといわれています。
おなかの赤ちゃんに優しく話しかけてあげることです。これもひとつの胎教です。

胎教は、母親自身にもわが子への愛情と、
母親としての自覚が芽生えさせることができるのです。