妊活中なら気づくのも早いと思いのですが、
妊娠初期の大切な時期に、胎児を傷つけてしまったことのないように、
日頃から妊娠しているかどうか分からないでも、気をつけて欲しいことがあります。
ひとつは、むやみに薬を服用しない。
頭痛薬、風邪薬、乗り物の酔い止め薬、様々な薬に頼る生活からはやめましょう。
薬は副作用が付随物です。種類や量にもある一応には言えません。
しかし、胎児にまったく影響がなく、100%安全と言いたい薬はないと思います。
インファルエンザなどを含む予防接種も同じです。
原則として予防接種は受け取りのはやめることです。しかし、レントゲン 
撮影も問題です.X線は、間違いなく胎児に有害です。
とくに妊娠に気づかないような妊娠のごく初期の段階では、X線の影響は多大です。
胸部撮影程度は問題ないともされますが、バリーム検査は避けましょう。
妊娠の可能性を医師に伝え、いずれの場合もきちんと相談することが大切です。