スピロヘータ・パリダという病原体が引き起こす、梅毒は恐ろしい性病のひとつです。
妊活、妊娠・出産にとても影響の大きな病気のため、
妊娠すると必ず検査を受けることになります。

梅毒に感染していると、胎盤を通じ胎児に感染し、流産、早産の原因になることにつながり、
出産後の赤ちゃんに症状が出て、死にいたることもあります。
もし妊娠中であっても、梅毒が見つかれば治療することになりますが、
妊活時に完治していれば、それ以上のことはありません。
そのため妊活を始めてすぐには検査が必要です。

もし妊娠後に梅毒が見つかったとしても、妊娠前に検査を受けている場合なら、
感染の時期を推定し、適切な処置を取りやすくなります。
早めにきちんと治療をすれば、感染が最近に近いほど影響が大きいとされますが、
赤ちゃんに感染させないこともできます。

また、母親が先天性梅毒の場合であれば、赤ちゃんに影響はないとされます。
いずれにしても、妊活時の検査が大切です。