妊娠・出産に際して影響が気になる病気として、
B型肝炎があります。
これは、ウイルスによって感染し、
母子感染率が高いというリスクもあります。

B型肝炎の場合、妊娠自体への影響はなく、
妊娠中の感染もまずないとされています。
しかし、出産時のお母さんの出血により
赤ちゃんに感染する危険があり、
感染の割合が30%~40%と言われています。
血液検査でのウイルスの有無で、
B型肝炎にかかっているかどうかを調べます。
ほとんどの病院で妊娠初期に検査をします。
B型肝炎は、ウイルスを持っていても症状が
現れるとは限らず、このタイプをキャリアといいます。
B型肝炎ウイルスに感染したお母さんから生まれた
赤ちゃんの場合は、出産後すぐに検査を行います。

赤ちゃんがB型肝炎に感染していない場合は、
ワクチン接種などの予防措置を行います。
赤ちゃんが肝炎に感染している場合、
赤ちゃんも将来、肝機能障害や肝硬変、
肝臓ガンになるリスクが高くなります。