風疹とは、ウイルスによる感染症です。
一般に三日ばしかとも呼ばれています。
妊娠20週ごろまでに風疹に感染すると、
ウイルスが胎盤を通って、聴覚障害、先天性白内障、
心臓奇形などの原因になる場合があります
ワクチン接種や一度感染すれば、抗体ができるので、
風疹は通常二度感染することはないと言えるでしょう。

しかし、過去ワクチンを接種した人や、
いままでに風疹にかかったことがある人も、
過去に接種した抗体が十分でないこともありますし、
風疹に症状が似た病気もいろいろあるため、
念を入れるためにも
妊活時に検査を受けることをオススメします。
妊活時の風疹の検査では、
風疹の抗体が十分にできているかどうかを調ぺます。
妊娠中に風疹が流行しても抗体がきちんとできていれば、
心配する必要はありません。

抗体が不十分であれば、
ワクチンを接種し抗体ができたのを
確認してから妊娠へと進みます。
妊娠後の検査で抗体がない場合であれば、
あとは風疹にならないように
十分に注意するしかありません。