妊娠判定がでると、産婦人科で、
血液型、風疹、B型肝炎、梅毒、エイズなどの
検査が必要になります。
これらの点で、健康上の問題が妊娠後に発見されると、
胎児への影響が大きいため十分な治療ができません。
場合によっては、妊娠の継続をあきらめなければ、
ならないこともあります。
もし妊活時に、問題のある病気のリスクがわかっていれば、
胎児への副作用を気せず、薬の服用をすることが可能です。
妊活時に病気の十分な治療を行って、
準備を整えることができれば、
赤ちゃんへの病気の影響を心配することもありません。
できるだけ、そしてリスクを少しでも避けるという意味においても、
妊娠前、妊活時には産婦人科での検査をおすすめします。
もっとも、すでに妊娠していて、妊娠前に検査を受けていなくても
必要以上に心配することはありません。