ウムリンサプリが今密かに人気を集めています。

ウムリンに人気があつまるのは、

実はしっかりした裏付けがあるからなのです。

まず妊活サプリについて知って頂きたい事が

あるのです。

 

妊活サプリに期待できる効果として、

二種類の効果があります。

 

ひとつは、妊娠しやすくなる効果。

もうひとつは、産まれてくる赤ちゃんにもたらす効果。

よくこの辺りを混同される方が多いのです。

 

葉酸サプリは妊娠初期の、

赤ちゃんの細胞が作られる時期は特に必要な成分で、

必要な量を摂ることで、奇形児や先天性の

リスクが減るとされています。

厚生労働省も勧めているので、

国のお墨付きといえるでしょう。

 

しかし、この栄養素で赤ちゃんができやすくなる

とは書かれていません。

あくまでも産まれてくる赤ちゃんのリスクを

減らすための栄養素なんですね。

 

その点は、サプリメーカーも心得ていて

発売されている葉酸サプリには

亜鉛やマカなど他の栄養素も配合されています。

もちろん、亜鉛やマカなども「赤ちゃんのできやすさ」の

作用はあるようです。

 

ただ、ウムリンの場合はもっと直接的に

「赤ちゃんのできやすさ」に作用します。

それは、卵子に深く関係する細胞を

活性化する働きがあるのです。

 

卵子は女性が年齢を経るごとに老化してしまいます。

これは今の医学を持ってしても止める事はできません。

ウムリンも卵子の老化は止められません。

 

しかしウムリンには、卵子を成熟させ、

受精を助ける重要な役割を担っている

顆粒膜細胞を健康に保つ抗酸化作用が認められるのです。

 

これは卵子の回りをとりまく細胞で、卵子と深く関係しています。

顆粒膜細胞が健康であると、卵子の形成が問題なく行われるのです。

 

この働きは、和歌山県立医科大学において

細胞レベルの検証がなされ、臨床試験を4年過ぎた後、

研究の成果は医学的に認められ「学会雑誌」に

論文が掲載されているものなのです。

 

つまり、

ウムリンの効果は医学的エビデンス(裏付け)があるのです。

20148月には『梅抽出物の妊活に関する効果』として

和歌山県立医科大学の研究チームにより

記者会見が実施されました。

この会見は各メディアも注目。

NHKでもニュースとして取り上げられ、

雑誌ではananが特集を組みました。

 

雑誌で取り上げられたということで

人気が出る妊活サプリもありますが、

ウムリンの場合、医学的なレベルで効果が認められているのです。

 

妊活サプリはたくさんありますが、

「赤ちゃんのできやすさ」に効果がある

妊活サプリでここまでしっかりした

裏付けを持つ妊活サプリは、

ウムリンだけといっても過言ではないでしょう。

 

妊活時には色々と行わなければならないことが多いのですが、

その多くが間接的な事だったりします。

 

たとえば体を冷やさないようにする…

もちろん大事な事です。

でも、いつも体を温めているだけでは

妊娠しても安心だったりしますが、

妊娠に直結している訳ではありません。

 

しかしウムリンは、そんな間接的な作用ではなく

卵子レベルに作用する妊活サプリなのです。

 

>>梅で妊活【ウムリン】<<